経理部から‥

前期に引続き経理部長を担当する事になりました。特に5月から6月にかけ会費の取りまとめで支部長さん,班長さんにはお世話になり、たいへんご苦労をおかけいたしております。

平成24年度 町田市地域資源化特別指定団体の認定を受けて、玉川学園町内会全域と東玉川学園一部の資源回収を引きうける事になり、市からの奨励金がこれまでより少し増額となりました。

奨励金については町内会の考え方としてこれまでにも度々お話してまいりましたように、一部は非常時の運用資金として積立てています。

この奨励金の使途に関して個々への還元は行っておりませんが、これまでには地域内の町内会関連の公共施設(町内会事務所建設費・桜実会・こすもす会館・さくらんぼホール・町五小学校)への還元また、災害地への義援金・募金拠出・地域の福祉関係・防犯防災に関する支出など、巾広く有効に活用せていただいています。この様に運用させて頂けるのもみなさんのご協力があっての事です。今後もよろしくお願いいたします。

平成2年資源回収を始めた当初から平成20年までの奨励金の活用状況(平成21年発行の「我がまち玉川学園地域80年のあゆみ」から・単位円)

◎町内会事務所・こすもす会館・さくらんぼホール建設・維持補修費 → 6,995,000

◎憩いの椅子・置き傘棚 → 1,169,000

◎防災関係・防災倉庫および収納晶・防災マップ作製 →  5,897,000

◎資源回収関係・資源回収プレート・紙ひも → 3,846,000

◎地域団体への支援・桜実会・町五小(紅白幕、テント、机、いす)

 消防団(投光機、発電機、テント) → 4,377,000

◎その他 自治会活動賠償責任保険料・リサイクル見学会 → 1,264,000

◎拠出金 募金・救援金(震災 淡路、中越) → 7,250,000

支出金 → 31,881,000


経理部長  鷹箸 宏代
写真:憩いの椅子    撮影:藤村雄一 フォトクラブ「彩」