山田勝也前会長が東京都功労者表彰を…

山田勝也前会長が東京都功労者表彰を授けられました

 

 今春満期退任された山田勝也前会長(玉川学園町内会会長、玉川学園地区町内会自治会連合会会長、町田市町内会自治会連合会会長代行、玉川学園交通問題協議会・玉川学園コミュニティバス推進委員会会長、玉川学園地区社会福祉協議会会長)が、10月1日、東京都庁で、長年に亘り地域でのコミュニティ活動に積極的に取り組まれた功績を讃えられ東京都功労者表彰を授けられました。

4日には、町田市庁舎にて、石阪市長より、地域の諸課題に果敢に取り組まれた活動を高く評価され、感謝の言葉を戴かれました。

 山田前会長は、平成20年4月から24年4月までの会長職を含む10年に亘る地域コミュニティ役員活動を通じ、山坂と緑に富む文教住宅地の、少子高齢化の進む玉川学園地域で、「地域は一つ」を合言葉に、地域の町内会自治会活動の連携、防災マニュアル作成推進、資源ごみ収集拡大の実現、地域の健康ウオークと世帯交流の定着、コミュニティバスの運行推進、町田市で初めての地区社会福祉協議会の発足運営など、地域の特性をふまえた課題解決に率先して取り組んで来られたことが、東京都から認められたものです。

広報部

写真:山田勝也前会長 定期総会にて