天候にも恵まれた小江戸「川越」旅行

 

 

降雨で冷え込むと言う前日の予報が見事に外れ、秋晴れの下、見所満載の蔵造りの町「川越」散策を楽しむことが出来ました。

午前中は、徳川家縁の喜多院と境内の五百羅漢を川越のシルバーガイドの方途の丁寧で分かり易い案内で見学出来ました。

昼食は、名物の「芋会席」を頂きました。

特に「いもうどん」は初めての方が多く珍味に舌鼓を打ちました。

参加者96名が一室に集い会食し、和気藹々の雰囲気で親睦を深める事が出来ました。

午後からは、蔵造りの町の見学です。

シルバーガイドの方から一時間程、蔵造りの町が出来た由縁や蔵の見方、商店の案内などをして頂き、後は自由散策の時間にあてました。

ある参加者の方は、「川越は2回目だがガイドさんの話が聞けて、こんなに奥深いものだったとはびっくりした。また見に来たい。」との声が聞けました。

皆さんが集合時間少し前に柔和な笑顔で三々五々帰って来られ、嬉しく思いました。

好天に恵まれ、誰一人怪我や体調を崩される事もなく、無事に帰ってこられたことを感謝いたしました。

また、年度初めに会員の皆様と約束した公平に参加者を決めるということは全員初参加で100%成就出来ました。

ただ残念だった事は、町内会の非会員の方の参加や当日、他の人と入れ替わって参加した人がいたということです。

この親睦バス旅行も、町内会の他のイベントと同じように町内会会員の納めた会費の補助を受けて企画されているのです。

上記のような不正行為は、あってはならないことです。

誇りある玉川学園町内会にしたいものです。

 

成人部 担当幹事 藤村雄一

写真:川越旅行のようす  撮影:広報部