第6地区 防災講習会について

 

2月3日(日)午後2時より「こすもす会館」において、第6地区 防災講習会が開催されました。

6地区の住民30名の方が参加し、町田消防署署員3名の方から指導を受けました。

「心臓マッサージ」の方法や、「AED」の取扱い方を始めての方はこわごわと、でもしっかりと練習しました。

女性の署員の指導が優しく、分かりやすく、とても評判が良かったです。

また、町田消防署には消防ポンプ車が11台と、救急車が7台しか無いと聞き、大震災の時にはとても足りないと不安になりました

また、成瀬台小学校の防災倉庫の備蓄品から、賞味期限の近づいた非常食アルファー米2パックを使った、「炊出し」訓練も行いました。

訓練も最高潮の「担架の取扱い」の時、突然緊急連絡が入りました。

火災発生のため署員の方はあわただしく消防署に帰られました。

ちょっと拍子抜けでしたが、こればかりは仕方がありません。

1年に一度の講習会ですが、しっかり受講し「いざ」という時に少しでも役立つようにしたいと思います。

記 第6地区 服部知行

 

写真:防災講習会のようす   撮影:服部知行