地域猫の「共生モデル地区」指定について

先日、「たまがわがくえん町内会広報」の“環境部”の「地域猫」に関する記事を読まれた町内会員から町内会事務所に、「“共生モデル地区”に指定されて,玉川学園が猫だらけになるのでは?」との指摘をいただきましたので,記事の曖昧さに気がつき,再度、説明させていただくことにしました。

地域猫とは,飼い主はいないが,地域のヒト達が餌を与えるなど,管理をしている猫のことです。

以前は,野良猫が多くて困っている地域では,町田市役所が捕獲箱を貸与し、捕まえた野良猫は安楽死させていました。

しかし,愛護運動の広がりと共に猫の安楽死は廃止され,野良猫は出来得る限り地域猫として最後まで面倒を見ることになってきています。

ただし,新たな地域猫を作らないために,猫の愛護団体が中心となって地域猫の避妊・去勢を実施しています。

従って,すべての地域猫がいなくなるまでには時間がかかりますが,地域猫の避妊・去勢運動を続けていけば,いずれ地域猫はいなくなることになります。

現在、町田市役所は地域猫の避妊・去勢の費用を助成していますが,「町田市飼い主のいない猫との共生モデル地区」に指定されると,その助成金額が2倍になり,この運動に賛同している動物病院ではこの金額で手術を実施してくれます。

現在、玉川学園地区では「玉ちゃん」団体が指定地区における地域猫の避妊・去勢運動を主導してくれており,去年,1匹の地域猫が去勢され,現在元気に毎日を過ごしているとのことです。

 

環境部

 

写真:階段を下る猫    提供:江藏桂 NORI DESIGN