玉川学園町内会と近隣の5つの自治会(合わせて玉連と略称しています)では、2009年に、5つの目標を含む「玉川学園地域まちづくり憲章」を制定しました。

  第1 豊かな文化が花ひらくまち

  第2 恵まれた緑と自然を大切にしたまち

  第3 地形の持つ魅力や街なみ景観を尊重するまち

  第4 落ち着きと華やぎのあるまち

  第5 建築に際しては周辺との調和を心がけ、街なみに貢献する

さらに、この憲章に副って「建築並びに土地造成に関する申し合わせ事項」を作成しました(発祥は1991年ですが,2010年に改訂)。

玉連では、2011年7月7日にこの2つを合わせて「玉川学園地区建築協約」として町田市にも届け出、この地区における建築行為・土地造成行為について、事業者と地域住民の協議を有効に行うこととしています。

この「建築協約」に基づく具体的提案等については、玉川学園地区まちづくりの会が提案する「まちづくり方針」、「住みよい街と暮らしのデザインガイド」を参考にするようにお願いしてきましたが、このほど、これらの文書を1冊にまとめ、豊富な事例・カラー写真を含む40ページの冊子が出来上がり、無料で配布出来ることとなりました。

ご希望の方には、玉川学園町内会事務所にてお渡しします。ご活用下さい。

 

詳しくは‥玉川学園地区建築協約ページへ ←クリックでリンク

環境部

松香光夫副会長

写真:玉川学園地区建築協約の一部     提供:広報部