子供たちの合同避難訓練が開催されました

 

さくら保育園・中央幼稚園・ころころ児童館の合同避難訓練が開催されました。

12月9日(火)にさくら保育園、中央幼稚園、ころころ児童館の合同避難訓練が開催されました。

子供たち167名、各園の先生方40名と、各駐在所からお巡りさん3名とパトカー2台、町内会の役員10名が参加しました。近所の方も数多く見守って下さいました。

午前10時に、地震発生の想定の下、町内会の無線機に避難開始の報告が入り訓練が開始されました。

保育園児たちは保育園の駐車場からこども広場へ、幼稚園児たちは園庭からこども広場へ、避難が始まりました。児童館は午前中のため先生方だけの参加となりました。

10時30分こども広場に全員集合。児童館の内田館長からのお話を聞いた後、町田第五小学校の校庭まで避難します。

子供たちは、全員黄色い防災頭巾をかぶり、お互いに手を取り合って学校まで避難しました。途中無駄話をする子供もいなく、とても上手に避難する事が出来ました。

小学校では、久保副校長先生から災害時のお話を伺い、お褒めの言葉を頂戴しました。

さくらんぼホールの駐車場では、パトカーに乗ったりお巡りさんの話を聞いたりで、子供たちは大喜びでした。11時に無事訓練終了となり解散しました。

167名もの多くの幼い子供たちが、この地域にいることに驚きと、災害時の近所の方も含めた多くの力が必要なことを感じた避難訓練でした。

 

ー防犯防災部ー

 

写真:合同避難訓練のようす   撮影:広報部

投稿:@管理人