「ふるさと寄席」無事に閉幕!

 

昨年度に続きまして玉川大学出身の落語家さんによる第2弾「ふるさと寄席」が2月21日好天に恵まれ、大盛況のうち無事に閉幕することができました。

これもひとえに多数ご来場いただきました皆様方のお蔭と感謝申し上げます。

演題では、三遊亭日るねさんの「平林(たいらばやし)」の開口一番に始まり、古今亭駒次さんのお馴染み鉄道噺「旅姿浮世駅弁」の後は、真打林家木久蔵師匠による「禁酒番屋」の落語で締めていただき、それぞれ独創性のある語り口で熱演をしていただきました。

また、中入り後に3人さんによる玉川大学当時を振り返ってのトークショー、おしまいは木久蔵ラーメン争奪のジャンケン大会など終始お笑いの渦に溢れ、予定時間を超えての終演となりました。

 

(あとがき)

この1年を通して文化部行事が無事に実施できました陰には、労を惜しまず協力していただいた町内会の役員・スタッフの下支えによる所が大きかったものと感じて居ります。

素人集団ではありますが、お互いが知恵を出し合いながら会場づくりなど手作りで仕上げてくれたボランティア活動には、ただただ頭の下がる思いでいっぱいです。

こうした町内会の朋輩の皆さんに感謝の意をお伝えして、今期の文化部活動を終了したいと存じます。

 

ー文化部ー

 

写真:林家木久蔵師匠       撮影:広報部

投稿:@管理人