5月の駐輪駐車キャンペーンはお休みしました

 

玉川学園地区町内会自治会連合会(*)は、近隣の自治会などとも協力して、玉川学園交通問題協議会を組織しています。

この協議会は、コミュニティバス推進委員会とも重なる組織となっており、3か月に一度、町田市(交通事業推進課)、小田急バス(株)とも会合を持っています。

2月の会合では、玉ちゃんバス南ルートの進捗状況と、駐輪・駐車秩序正常化キャンペーンが話題になりました。

駐輪・駐車秩序正常化キャンペーンは、通行の妨げになる駐輪状況に端を発して、20年あまりの歴史を持ち、最近では近隣の16団体にお願いして、年に4日間ですが(昨年は台風のため3日)1日200名前後のご協力を得ながら、町の交通秩序維持に大きな力を発揮して来ました。

近年の町の落ち着きぶりに加えて、駐輪場の整備、昨秋以降は駅南口周辺の工事などのため一部での混乱も指摘され、この春のキャンペーンは一旦休止して様子を見ることになりました。

皆さんも町の状況を観察していただいて、ご意見をお寄せください。

一方玉ちゃんバス南ルートは、道路工事業者との契約が遅れていましたが、新年度早々に落札業者が決まり、工事に向けて準備が進められています。既にバスは購入されており、5月の協議会には運行までのスケジュール発表が期待されます。

(*標記の連合会は、現在南大谷地区の諸団体と協働して玉川学園・南大谷地区町内会自治会連合会(玉南連と略称)となっています。ご意見などは、玉川学園町内会気付・交通問題協議会事務局まで。)

 

 

ー玉川学園地区交通問題協議会ー

 

 

写真:2013年の駐輪駐車キャンペーンのようす     撮影:広報部