1)“資源とごみの収集カレンダー”の配布

2015年10月から使用されることになるこのカレンダー、玉川学園地区用8,600部(トラストスピード社8,300、3R推進課65、町内会事務所135、コミュニティセンター100)、東玉川学園地区用1,150部(トラストスピード社950、3R推進課40、町内会事務所100、コミュニティセンター60)を、8月28日に市役所3R推進課で受け取りました。トラストスピード社が、9月初旬から9月22日ごろまでに、玉川学園地区と東玉川学園地区の町内会員、非町内会員を問わず、全戸に配布してくれる予定です。

この新しいカレンダーが配布されていない場合には、町内会事務所(午前10時〜午後4時、土・日は休み)、あるいは玉川学園コミュニティセンター(午前8時半〜午後5時、土・日は休み)に取りに来ていただくか、町内会事務所(042-725-0438)に連絡していただければ、環境部幹事が各戸に配布します。

 

2)資源物回収集積所の看板

資源物(古新聞、古雑誌、段ボール、古着、ビン、カン)集積所には、町田市役所のごみ看板と玉川学園町内会のごみ看板が設置されています。最近、市役所が、新しいゴミ看板設置ブロック(1個のコンクリート・ブロックにごみ看板をネジで固定して設置)を設置しています。

そこで、玉川学園町内会地区の環境の美化に努めるために、この看板設置ブロックと同一の玉川学園町内会のゴミ看板設置ブロックを10個注文しました。そして、各地区の集積所を調べた結果、9箇所の資源物集積所には、町田市のごみ看板しか設置されていない箇所が見つかりましたので、これらの集積所に、玉川学園町内会の新しいごみ看板を設置します。

また、町田市のごみ看板が設置されていないごみ集積所が8ヵ所、町田市のごみ看板の文字の読めない看板が12枚、見つかりましたので、これらは市役所に連絡しておきました。各地区で、資源物集積所に以上のような不具合がある場合、あるいは今までのごみ看板を新設のごみ看板と取り替えたい場合には、町内会事務所にご連絡ください。

 

3)エコフェスタの開催             

10月4日(日)、ゴミ減量と資源化のお祭り、「町田エコフェスタ2015」が、下小山田町のリサイクル文化センターで開催されました。参加者は約20,000名。フリーマーケット、多くのブース、模擬店などはいずれも大賑わいでした。

環境部が主催したスタンプラリー用の500枚の用紙はお昼頃にはなくなり、食器のリユースコーナーも盛況でした。ステージでは、生徒、学生による歌・吹奏楽・ダンス・和太鼓など、また、種々の個人、団体によるお囃子・紙芝居・歌・踊り・漫才などが演じられ、用意されていた椅子は常に満席でした。

 

4)違反広告物除却員の再選

町内会の各地区に一人ずついる違反広告物除却員(第1地区だけは2人)が全て再選され、来年の8月末まで有効な「町田市違反広告物除却員証」を受け取ることになりました。従って、来年の8月末まで、地区内にある違反広告物(道路上や電柱などに無許可で設置された広告物)を除去してくれることになっています。

違反広告物を見つけた方々は、自身では、絶対に除去しないで、各地区の違反広告物除却員(環境委員が知っています)に連絡してください。

 

-環境部-

 

写真:2015エコフェスタの会場風景     提供:広報部

投稿:@管理人