日帰り親睦バス旅行

 

 

日帰り親睦バス旅行 ~晩秋の富士河口湖を訪ねて~

 

11月26日(木)、日帰り親睦バス旅行の朝は、前日から降り続いた雨のため、傘の手放せない状況でしたが、富士河口湖方面は午後には晴れるとの天気予報もあり、バス2台が玉川学園を出発しました。

車窓からも天気が徐々に好転していく様子が見え、談合坂SAでトイレ休憩を済ませた後、河口湖に向かう途中には晴れ間が見えるようになりました。

まもなく「冨士御室浅間神社」に到着。ここは世界遺産に登録された「富士山…信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産のひとつ。境内でパワーをもらい、いよいよお待ちかねのランチタイム。

富士屋ホテル河口湖アネックス「富士ビューホテル」に到着し、2階の眺めの良いレストランでバイキングに大満足していると、やがてレストランの窓から富士山が見えてきました。

すっかりお天気になり、ホテルの展望室では富士山と河口湖の美しい眺めを堪能しました。

ホテルの3万坪の庭園をゆっくり散策したり、お土産を買ったり、のんびり過ごしました。

その後「オルゴールの森」に向けて出発し、「オルゴールの森」の滞在時間をたっぷり2時間取りました。まず、ミュージアムショップで買い物を楽しみ、オルガンホールでピアノとバイオリンの演奏に乗ったサンドアート(砂の芸術)を鑑賞。その見事なパフォーマンスに見学者の誰もが感動しました。次はヒストリーホールでオルガン自動演奏に合わせてオペラ歌手が「椿姫」を熱唱。見学者から盛大な拍手を受けていました。

2時間があっという間に過ぎ、バスに乗車。富士河口湖をあとにして帰途につきました。

車の流れも順調で、玉川学園には予定通りに到着しました。今回、参加者の皆さんが集合時間をキチンと守ってくださったことで、スケジュール通り進行することができました。

ご協力に心から感謝いたします。

 

-成人部-

 

写真:日帰り親睦バス旅行のようす    撮影:広報部

投稿:@管理人