「幹事研修会」を振り返って

ハードスケジュールでしたが大変有意義な研修会でした

11月1日秋寒の雨が降りしきる中、バスを借り切っての「幹事研修会」を実施しました。
車中では、冒頭に会長挨拶から始まり、定例の会議と同様に4議案の採決のあと各事業部からの報告・連絡など予定した全ての審議について、参加した27名の幹事会メンバーの協力により、無事済ますことができました。

今回の幹事研修会は、年に一度の役員の見識を深める目的で現地視察も兼ねており、東京都民だけでなく日本中が注目する築地市場のほか江戸期の豪商、紀伊國屋文左衛門の屋敷跡と伝えられる清澄(きよすみ)庭園そして江戸の町並みを再現した深川江戸資料館に立ち寄ったあと、今年、世界遺産に登録されたばかりの国立西洋美術館まで駆け足で巡るハードな研修会となりました。

しかしながら、予定したすべての行程が、事故もなく無事に実施することができましたのも、ひとえに幹事の皆さん一人ひとりの協力と協調があっての賜物と感謝申し上げます。

帰りの車中では、「アンケート」を実施した結果、当研修会について「大変有意義でよかった」との好評を全員からいただき、さらに、来年度に向けての「目的地の希望」が多数寄せられました。ご協力、ありがとうございました。

帰途に就く夕映えには、赤く染まった「紅富士」が町内会の行く末を見守ってくれているかのように微笑んでくれました。

投稿:@広報部