ふるさと寄席 今年も10月に開催します      -文化部ー

毎年多くの方々に好評の「ふるさと寄席」、今年も第5回目を下記要領で開催いたします。町内会員の皆さま、落語で「笑いのひととき」をお楽しみください。今年も「木久蔵ラーメン」の景品を競い合うじゃんけんゲームも盛り込んでおります。

出演者は三人とも玉川大学出身者で、当地に親しみを持っており打ち解けた寄席内容が今年も期待できます。

会員の皆さま多くの方々の参加をお待ち申し上げます。詳細につきましては町内会だより7月号をご覧いただきお申し込み下さい。

            

・出演者(予定): 林家木久蔵師匠、古今亭駒次さん、三遊亭伊織さん

・開 催 日 :  10月7日(日曜日)午後2時開演(予定)

・会   場 :  さくらんぼホール

・入場料金  :  お一人様1,000円

・希望者多数の場合は抽選となりますが、結果は必ず連絡します。当選された方は当選はがきの案内に従って

 入場料をお持ちになり町内会事務所までお越しください。

・出演者プロフィール

 林家木久蔵(はやしやきくぞう) 昭和50年生まれ、玉川大文学部芸術学科卒。平成19年真打に

   昇進し、同時に落語会史上初の「ダブル親子襲名」を行ない、二代目木久蔵を襲名。林家木久扇

   (初代木久蔵)が実父であることは皆様ご存知の通り。当ふるさと寄席の柱。

 古今亭駒次(ここんていこまじ) 昭和53年生まれ、玉川大文学部芸術学科卒。平成19年二ツ目

   に昇進。鉄道マニアで有名。当ふるさと寄席の定番メンバーでじゃんけんゲームの司会役。

 三遊亭伊織(さんゆうていいおり) 昭和62年生まれ、玉川大農学部卒。平成28年二ツ目に

   昇進。将棋好き。当ふるさと寄席は昨年から登場のルーキー。