文化部

文化部 部長 石原 明

 今年の文化部の活動行事は、一つに毎年町内会の皆さまに好評の「ふるさと寄席」を秋口に行う予定です。出演は林家木久蔵師匠と玉川大学を卒業されたお二人の落語家の共演で皆さまに笑いを楽しんでいただく予定です。二つ目は市内在住の著名人等を招いての文化講演会を試みる予定です。
 更に今年の新たな試みを部員とで模索検討して何らかの「形」で具体化させ、イメージとしては普段、さくらんぼホールやこすもす会館で研鑽を積んでいる同好会(音楽体操趣味系など)の発表会のような形で同好会の「輪」が広まる機会を作り、普段の研鑽の成果、そしてPRを兼ねて同好会員を増やす場にも利用していただくそんな場作りイベントを考えております。結果として町内会の会員間のコミュニケーション等を深める一環にもなると思います。
 まだささやかなアイデアの段階で、会場設定、同好会などと交渉、日程時間的問題など垣根はいくつもありますが無理はせず「できるところから」具現化し、平成30年度の文化部活動の一つとして成り立つ“汗かき“をするつもりです。
 町内会の皆さまからのアイデア、助言、協力などいただければ幸いです。文化部員にまたは町内会事務所などご意見をお寄せください。よろしくお願いいたします。

更新日:2018/7/10
掲載@広報部