会長・副会長

玉川学園町内会2016年 会長・副会長

2016年度会長・副会長 町内会事務所前にて

玉川学園町内会 会長・副会長 の記事です。

会長  松香 光夫   会長の挨拶(クリック)

 

 

副会長の抱負(町内会広報127号より)

副会長 徳力 幹彦 (環境部・文化部・さくらんぼホール担当)

前年度まで4年間にわたり、環境部長を務め、町内会会員の皆様の周囲の環境を少しでもよくしようと、微力ながら務めてきたつもりです。この務めを通じて、道路の清掃、資源物(古新聞、古雑誌、雑紙、段ボール、ビン、カン)集積所の管理、垣根の手入れ、あるいは歩道・車道のケヤキや桜の木の保護のような物理的な環境の維持・改善が重要であると同時に、人と人とが接する環境の改善の基本は、コニュニティ(同じ地域に住んでいる方々が、特に近隣の方々が、気軽に話し合いのできる集団)を作ることです。日本では、地方にはコミュニティがありますが、都会ではコミュニティを作るのが非常に難しいようです。コミュニティは、近隣に住んでおられる、それぞれ個人の方々が自主的に集団を作っていかなければなりませんので、微力ですが、今年度から勤めることになる副会長として、玉川学園地区におけるコミュニティの大切さを訴え続けていきたいと思っています。

 

 

副会長 前野 紀夫 (総務部・経理部・広報部担当

今年度も、昨年度に引き続き副会長として、皆様とご一緒に町内会活動に携わる事になりました。どうぞよろしくお願いいたします。昨年度は、会長、副会長の任期途中突然の交代劇の中で参加しました。松香会長と手を携えて1年間を乗り切ったとの実感です。今年度は、松香会長共々基本的に三つの柱で向こう2年間の運営をして行こうとの考えでスタートしております。一つ目は会長と4人の副会長の役割を明確にする事。二つ目は会議のスリム化・効率化を図る事です。私自身は副会長の一人として、総務部、経理部、広報部を担当する事になりました。担当と言っても各部の皆さんは優秀な方々なので、何か相談事があれば応ずる程度でしょう。また、玉川学園町内会は大きい故に町田市などからの信頼も厚く、昨今は対外的な役割も増えてきています。この外交的な役割は松香会長が負っておられますが、私はその一端、玉川学園・南大谷地区町内会自治会連合会(玉南連)、昨年設立の玉川学園・南大谷地区協議会、交通問題協議会(玉ちゃんバス)、などを事務長・事務局長としてお手伝いしております。私にとって、少し重い役割の感がありますが、内外から評判の良い玉川学園の街ですので、玉川学園町内会会員の一人として少しでも街の発展のお役に立てればと思います。

 

 

副会長 服部 知行 (防犯防災部・こすもす会館担当)

昨年まで防犯防災部長を担当してまいりましたが、今年度より防犯防災部担当、こすもす会館担当の副会長をお引き受けする事になりました。防犯防災部の実務は若い赤松部長という優秀な方が、担っていただけるので安心してお任せしたいと思います。熊本の大地震を見ると、わが国では何時どこでも大きな地震が起きても不思議ではありません。「減災に対する個人の備え」の啓蒙や、災害が起きてしまった場合の「避難施設開設への準備」等、事前にやっておかなければならない事が数多くあり、町内会の防犯防災部の役割の重要性も増していると思います。昨年度はここ数年の課題であった、「スタンドパイプの設置場所を各地区内で広げる」を6カ所で実現する事が出来ました。特に第6地区での道路上への設置が実現したことは、各地区での候補地選定の幅を広げることになると思います。今後、各地区内にすくなくとも4カ所位にはスタンドパイプを設置して大地震の際の火災に備える必要があると考えています。また、熊本大地震の被災者の方々の避難生活を見るにつけ、「避難施設開設への準備」の重要性をつくづく感じます。「誰もが経験したことが無い事やらなければならない」、「いざ、という時に何をすべきか?」を考えて準備をしておきたいと思います。こすもす会館は今年開館20年を迎え、利用者数も延べ50万人を超えました。利用希望者が年々増加している事に加え、駅前のコミュニティセンターの建て替えも間近に迫っています。いかに効率良くまた公平に運用して行くかを、担当の皆様と考えていきたいと思います。皆様のご協力をよろしくお願い致します。

 

 

副会長 大山 憲一 (青少年部・成人部・高齢者部担当)

町内会・行事担当役として、「地区協議会」発足の折、町内会の一歩外側に立って関係諸氏の町内会の対する思いや感想を伺って、反省すべきは素直に受け止め今後の進め方への参考にさせて頂きたいと思います。イベントに参加される皆さんの満足度は如何?参加者を対象に聞き取り等を行い反省会等で見極めをしてみたいと思います。「何時」「何を」「どのように実施するか?」町内会幹事の事務局的役割・要員的に無理はないのか?外部の方への応援依頼の必要性はないのか?など、「あるべき姿」とは‥を考える年にしたいと思います。

 

 

 

最終更新日:2016年8月03日     投稿:@管理人