タマママ町のアーノさん 第一話

 

「やっとこさ着いた! ここがタマママ町かぁ」
アーノさんは駅から出ると言いました。彼はたった今、愛犬のサルーと、タマママ町に引っこしてきたのです。
「坂が多い町だねぇサルー。慣れるまで大変そうだ。」 アーノさんは 大きな荷物をおろすと近くのベンチに腰をおろしました。ベンチには「憩い(いこい)のいす」と書かれていました。
「坂が多くてもベンチがあれば平気だね。さぁ、新しい家までもう少しだサルー。」

– 文・画 本田 亮 –

 今月号からコラムを担当していただくことになりました、玉川学園にお住まいのイラストレーターの本田亮さんをご紹介いたします。本田さんは本や雑誌の挿絵、広告、教科書、教材、WEBサイト、壁画など多岐にわたりご活躍されています。 毎号連載していただく予定ですので、どうぞご期待ください。
 

投稿:@広報部