要石 No.3 -防犯防災部-

今回から、指定避難所(避難施設)について、数回に分けてお話します。


 「避難場所」と「避難所」の違いについて、内閣府のホームページに以下の記述があります。
 『平成23年3月に発生した東日本大震災においては、切迫した災害の危険から逃れるための「避難場所」と、その後の避難生活を送るための「避難所」が必ずしも明確に区別されておらず、また、災害ごとに避難場所が指定されていなかったため、発災直後に避難場所に逃れたもののその施設に津波が襲来して多数の犠牲者が発生したなど、被害拡大の一因となりました。』
 この反省を受けて、災害時における緊急の避難場所と、一定期間滞在して避難生活をする避難所とを区別するため、平成25年6月に災害対策基本法の改正を行い、新たに「指定緊急避難場所」と「指定避難所」に関する規定が設けられました。
 指定避難所とは、災害の危険性があり避難した住民等を災害の危険性がなくなるまで必要な期間滞在させ、または災害により家に戻れなくなった住民等を一時的に滞在させることを目的とした施設です。
 東京都が配付した「東京防災」では、「避難所」と「避難場所」を使っているのに対して、 町田市が作成している地域防災計画では、「避難所」を「避難施設」、「避難場所」を「避難広場」と置き換えて記述しています。この用語の違いから一部の町田市民には混乱が生じています。
 町田市では、立地等により震災時の避難所(避難施設)と水害時の避難所(避難施設)をそれぞれ指定しています。町田市内には、震災時の指定避難所(避難施設)が71箇所あります。その多くは市立の小学校や中学校です。町田市民は、自宅に危険が及ぶ恐れがある時や震災や水害で自宅に住めなくなった時に開設された指定避難所(避難施設)に避難することができます。市中の開設済みの指定避難所(避難施設)であればどこでも避難することができます。
 玉川学園・東玉川学園地域に近い震災時の指定避難所(避難施設)は、町田第五小学校、金井小学校、南大谷小学校、南大谷中学校、成瀬台小学校、成瀬台中学校などがあります。一方、恩田川に近い南大谷小学校、南大谷中学は水害時の指定避難所(避難施設)から除外されています。

-防犯防災部-